私の中学時代の数学の成績について

私は小学生の時から勉強が得意ではなかったのですが、中学生になってから算数が数学になり余計に嫌になりました。その数学ですが何が分からないかということも分からず、数学の時間は冷や汗ものでした。

中学校は学期ごとに試験があり、試験前に分からないところを見直す時間を数学の先生が取ってくれたのですが、私は数学全体が分からず、先生に「どここが分からないか、分かりません!全部分からないです!」と言ったら「何で今頃になって言うんだ!?テストは明日だろう!?」と怒られた記憶があります。

私の中学時代の成績は良くなかったです。中間試験では、数学、国語、英語、理科、社会の5教科合わせても100点いかなかったような記憶があります。そのため全学年では下から数えた方が早い位の成績でした。多分ワーストテンには入っていたかもしれませんでした。

数学の試験での点数は良くて2桁でしたが、悪い時はほとんど1桁だったように覚えています。先生に「お前は本気でやっているのか!?」と聞かれ、私はやる気になったのですが、その後やる気にはならなかったです。そのため中学時代の成績悪く、特に数学はさんざんなものでした。今思えばもっと勉強しておけばよかったと後悔しています。