節約して感じた、不思議な新しい感情

もう今年も残すところ2ヶ月をきった。もうクリスマスケーキの予約のチラシをちらほら見かける。早いものだ。

クリスマスのことを考えるとウキウキする。大人になったのだからサンタも何も無いのだが、相手に何かを贈るという行為に最近喜びを感じていることに気がついた。

彼氏に対して贈りたい候補がどんどん出てくる。

結構長い付き合いで、去年あたりはネタも尽きてしまってイベント事に何も贈らないということも起こったのだが…何故だろう。

自分のことにあまり投資をしないようになった結果だろうか。日々節約をしていると、自分に掛けるお金がもったいない気がしてくる。

結果、あまりウィンドウショッピングもやらなくなった。ネットでも通販サイトを見なくなっている。

けれど、自分ではなく相手に贈るものだと考え始めると不思議と色々な物を見はじめる。通販サイトを数時間見たり、百均などではコレを使って手作りのプレゼントをあげられるのでは…と考えたり。

そして、高い物でもいいからプレゼントをしたいという気持ちに駆られるようになった。資金が無いので無理なのだが、どうにかして資金を作れないだろうかとまで考え始めている。

まったく不思議である。自分に投資できないから他で発散させているだけなのだろうか。謎な感情に戸惑いつつ今日もプレゼントについて考えている。

楽しんで節約生活をしていくと良いことがあります

節約生活をするということ=つらい、貧乏というイメージがありますがその意識をまず変えます。ちょっとの工夫が節約になると捉えて、さらに節約をして貯めたお金で好きな旅行にいくなど、未来が楽しくなるというように変えます。すると節約=楽しいとなって節約するためのアイディアがどんどん思い浮かぶはずです。

節約をする上での一工夫ですが、毎日使うものを工夫します。シャワーを浴びますが、節水式のシャワーノズルを取り付けます。浴びた感じは通常のシャワーノズルと変わらないはずです。節水式シャワーに変えるだけで、年間にするとそれなりの額を節約出来ます。

あとは、毎日食事をしていますが、月に二回ほどカレーを作ると良いでしょう。煮込むことで次の日、明後日と美味しく頂けます。さらに野菜を足したり、鰹ダシなど調味料を新たに加えて和風味にしたり、いろいろ変えたりするのも良いです。カレーは中の具によって栄養満点になります。少し傷んだ野菜を入れても問題はないので食材を無駄にすることもありません。

最後にパスタ料理もオススメです。パスタの特売を利用して安く購入して、いろいろな具材を炒めたり、一緒に煮込むと良いです。

かなりの量を栄養満点で頂けるので節約になります。このようにちょっとした工夫が後で大きくなります。